蓄電池を知る

  1. TOP
  2. 蓄電池を知る
  3. 蓄電池のメリット・デメリット

蓄電池のメリット・デメリット

蓄電池の購入をお考えの方は、そのメリットとデメリットを正しく理解しておきましょう。
最近では、技術開発が進んだこともあり蓄電池を導入する方が徐々に増えてきました。蓄電池には太陽光発電でつくった電気を有効活用でき、非常時には非常用電力として活用できるなど、多くのメリットがあります。しかし、お安い買い物ではございません。しっかりとメリットとデメリットを理解した上でご検討ください。
販売業者はメリットを強調し、デメリットについては多くは語りません。 後悔しないためにも、十分な知識を身につけ、最適な判断をしていただければと思います。

蓄電池のメリット

蓄電池のメリット1:太陽光発電でつくった電気の有効活用が可能

卒FIT、2019年問題により固定買取期間が終了してしまったご家庭でも、蓄電池を購入することで、太陽光発電で作った電力をご自宅で有効活用いただけます。
日中に発電して余った電気を充電しておき朝・夕・夜間に使用することで、電気料金がお得になります。
また、電気料金は時間帯で変わり、夜間の電気料金は昼間の1/2以下にもなります。
この夜間の安い電力を蓄電池に充電することで、毎月のご家庭の光熱費の節約にご利用いただけます。

昼間に発電!夜間に電気節約!

安い深夜電力を貯められる

グラフ

蓄電池のメリット2:災害時や停電時の非常用電力として活用できる

日本各地で発生した自然災害

日本各地で起こった地震や台風、大雨など、予測できない自然災害が多発したことにより、一般家庭でも防災意識が非常に高まっています。
災害時、最も人々を恐怖に陥れたのが停電です。携帯電話の充電もできず、食料は冷蔵できなくなりました。小さな子どものいる家庭では、ミルクを作ることもできず、部屋の温度管理をすることもできないという大変困難な状況が強いられました。

停電時に活用できる電力を蓄電池で確保

災害などによる突然の停電の時でも、あらかじめ決めておいた家電製品へ自動的に電気が供給されます。テレビ・冷蔵庫・照明などの家電品に必要最低限の電源を確保できます。いざという時の備えとして、家庭用蓄電池の必要性は注目されています
(※確保できる電力量は導入す るシステムの大きさにより異なります。)

  • 災害時の非常電力として!

  • 電力が使えず不安

  • 必要最低限の電力を確保!

蓄電池のメリット3:電気自動車が100%エコカーに

驚異的な技術革新、AIの登場や5Gの導入と世界情勢はますます変動を迎える中、アメリカ・欧州や中国に続き、日本でも今後電気自動車が急速なスピードで普及していくことが予想されます。 太陽電池モジュール、家庭用蓄電池、電気自動車内臓蓄電池の3つの電池を賢くシームレスに連携してくれる「トライブリッド蓄電システム」は、昼間に電気自動車でお出かけしていても蓄電池に発電した電気を貯めることが出来ます。 また車がご自宅に戻って来た際は、蓄電池に貯めておいた電気を電気自動車へ充電することが可能です。 日中に電気自動車を使わなければならない人も、トライブリッド蓄電システムの蓄電池があれば、生活リズムや電気の使用状況に合わせて電気の流れを賢く連携することで、太陽のチカラで電気自動車を走らせることが出来ます。

災害時の非常電力として!

出展:ニチコン株式会社「トライブリッド蓄電システム」

蓄電池のメリット4:パワコン一体型蓄電池で経済的に

太陽光発電を設置している方の中には、パワーコンディショナーの買い替えを気にされている方も多いです。蓄電池の購入も考えてはいるけれど、スペースがないなどの理由で購入されていない方もおられます。そんな方に支持されているのがパワコン一体型蓄電池です。太陽光発電と蓄電池のパワーコンディショナを一体化しているため、省スペース。さらに、太陽光発電を設置して数年経っている場合はパワコンの買い替えを兼ねることができるので一石二鳥。そのうえ導入済みパワコンより変換効率がいい場合、パネルの設置容量が変わらなくても売電量が増えることになり、以前より経済効果が期待できます。

蓄電池のデメリット

蓄電池のデメリット1:初期投資費用がかかる

蓄電池は、購入から設置までを含めると、100万円前後の初期投資費用が必要になることが多いです。
災害時の電気の確保や、電気自動車との併用など、多くのメリットはあるものの、単純に電気代の削減として、と考えると、太陽光発電の設置状況やライフスタイル、蓄電池の仕様によっても異なりますが、現状の導入コストでは、「蓄電池を導入したほうが経済的にお得」とは言えないのが正直なところです。
近年では、各自治体より補助金が出されているので、補助金を活用いただき初期投資費用をできる限り押さえた上で、自身にあった蓄電池を選んでいただくことをお勧めします。

蓄電池のデメリット2:寿命がある

蓄電池には充放電を繰り返していくと使える容量が減っていくという特性があります。これを「サイクル寿命」といいます。
充放電回数の寿命を超えると、蓄電容量が徐々に減っていくのでいずれは交換が必要になります。メーカーによって保証期間や充放電サイクルの回数や残存容量が違うので、長く適切に使うことができる製品を選びましょう。購入の際にはしっかりと製品の説明をしてくれる会社を選ぶことが大切です。

蓄電池のデメリット3:設置スペースが必要になる

蓄電池には屋内に設置するタイプと屋外に設置するタイプがありますが、いずれにしても設置スペースが必要になります。家庭用蓄電池(定置型)のサイズの目安は、およそ幅100cm 奥行30cm 高さ120cm。しかも、設置場所は高温や低温になりすぎず、結露しない場所であることが望まれます。長く良い状態をキープしていくためにも設置場所の事前調査をしっかり行ってもらうようにしましょう。

蓄電池の選び方も重要です!

次のコンテンツをチェック!

  • 蓄電池の基礎知識

  • 蓄電池のメーカー比較